連絡先を聞かれたときのうまいかわし方とは?

チャットレディにラインアドレスを聞いてくる男性の心理とは?

ライブチャットサイトでチャットレディをやっていたりすると、リピートしてくれている男性ユーザーの人が、メールアドレスなどを聞いてきたりします。

キャリアアドレスを教えてほしいとか、SMSでいいからやりましょうとか、ラインの交換をしましょうとかです。

当ページでは、私が今まで遭遇してきた出会い目的の男性ユーザーのエピソードと断り方や、返してはいけない返信などを紹介しているので、是非参考にしてください。

マッチングサイトと勘違いしている男

チャットレディサイトには、女性とのチャットを楽しむことが目的ではない、出会い目的の男性がたくさんいます。

男女のマッチングサイトでもないのに、出会えると思っている男性ユーザーが必ずいます。

チャットサイトなんて見ればすぐわかりそうなものですが、それでも女性との出会いができると本気で勘違いしているチンコの化身みたいな男性がいるのですw

なので、ライブチャットサイトのメールに直アド教えてくださいとか、ライン教えてくださいとか、速攻で聞いてくる人もいます。

ですが、これは男性ユーザーにライブチャットを紹介している一部のメディアも悪いのです。まるで、出会いの場であるかのような宣伝をしているから勘違いする人が増えてしまうのです。

そのウェブメディアというのは、紹介料をもらっているので、なるべく男性に登録させようとして、あることないこといって、出会いの場であるなどと宣伝して、登録してもらおうとするんです。

当然ですが、そういう宣伝されたサイトを目にした男性はこのサイトに登録すれば女性を入れ食いできるみたいに勘違いしてしまうのです。

以上のようなことから、チャットやメールですぐ会いたいですとか、今すぐ会えませんか、などといきなり聞いてきたりするのです。

こういったウェブサイトを介さなくても、ほんとに出会いを探して登録している男性もいるかもしれませんが、ほとんどは、こういった一部の悪質サイトのせいで、出会い目的の男性客が増えてしまっているというのが現状です。

マッチングサイトと間違えている男性がとる行動とは

実際に私がライブチャットの男性ユーザーにラインやスマホのアドレスを聞かれた体験談をご紹介したいと思います。

チャットレディをやったことがある人はうんざりするほど体験しているかもしれませんね。

通話し始めたばかりで「彼女になってくれませんか?」

いきなり彼氏はいませんか?僕の彼氏になってくれませんか?などと唐突にいってくる男性客はかなりいます。

チャットでいきなりこういうことを聞いてくる男性は、チャトレがお金を稼ぐためではなくて、彼氏を探すためにやっているのだと思って、どういう男性がタイプですか?などとも聞いてきたりします。

こういうメールやチャットをしてくる男性は、まともに相手をしているときりがないので、適当にかわしましょう。

ラインやってませんか?といきなり聞いてくる男性客

チャットレディに出会い目的で近づいてくる男性ユーザーのメールやチャットには、ライン教えてください系が一番圧倒的に多いです。

ライン交換してください!といって、最初の文面に自分のラインIDをつけて送りつけてくる人もいるくらいです。

チャットレディにラインや直アドなどの連絡先を聞いてくる男性というのは、男性側からしたらチャットやメールにもポイントを消費しないといけないので、メールで1通目に聞いてくる傾向があります。

まずはメールでそのチャットレディが反応してくれるかを確認して、だめなら別のチャットレディに送るというスパムチックなことをやっているのです。

音信不通になろうが、なんだろうが、こちらとしては報酬が発生してくれるチャットをしてくれなければ意味がないので、放っておきましょう!

メールでラインなどの交換を要求してくる男性はかなり多いです。

私の場合はすぐに断っていますが、卓越したチャットレディの女性であれば、そこからうまく趣味の話などにもちこんで、思わせぶりな態度をつかいながら、メールで稼いでいる人もいます。

男性のあそこを見せてくる客

自分のペニスが自慢で、これを女性に見せさせすれば、必ずものにできると思っている男性は意外なほど多いです。

「俺のちんちん見て!マグナムっていわれてるよ!」なんていきなりいってくる男性もいますが、女性の皆さんはわかると思いますが、男性の股間の大きさなんて1ミリも気にしていません。男性は本気でアピールできると思っている節があります。

でかい男性器を見せつけさえすれば、女性が好きになってくれるかもしれないと本気で思っている男性がいるのも笑えますよねw。

勃起したあそこの画像を送ってくる時点でメルアドなんて教えるわけもありませんし、そもそもライブチャットは出会いの場ではないので、勘違いしている男性も気づいてほしいですよね。チャットレディとしては、こういう男性ですら手玉にとって、チャット報酬を伸ばしていくことが最善だと思います♪

会うことが前提の人

ライブチャットをやっていると、チャットレディの女性とデート出来るかのような会話をしてくる男性もいます。たとえば、セックス楽しみにしているよ!とかです。

とにかくリピートしてでも即席でも会いたがる男性というのはいるものですが、こういった男性をうまいこと転がしていってチャットレディとしてなんぼだと思います。

こういった男性をうまいこところがしていければ、上手に稼いでいくことができるかもしれませんが、男性を転がすことが苦手な人もいるでしょうから、すぐに断ってもいいと思います。

下心モロだしの男性客

ポイントをケチりたいにもかかわらず、メールを送ってきて、エッチな行為をしたセルフ動画をくれなどという男性もいます。

こういった要求メールをしてくる男性に動画を送ってあげたとしても、次からチャットにログインしてくれるわけでもないので、注意が必要です。

チャットレディの女性もただで男性を喜ばせるためにやっているわけではなく、れっきとしたビジネスでやっているのですから、ポイントを最初からケチろうなんて客は相手にしない方がいいのです。

いきなりセックス可能ですか?と聞いてくる男性

ライブチャットサイトに出会い目的で登録している男性というのは、最初からチャットをする気がないので、好みの女性すべてに誘いのメールを送ったりしています。

そもそもなぜライブチャットサイトで、女性との出会いが果たせると思っているのか、甚だ疑問ですが、もう勘違いしてしまっているので、こういった男性は話になりません。

マッチングサイトや婚活サービスなんていくらでも有名なのがあるのにもかかわらず、チャットレディは出会いを提供しているサービスだと思い込んで登録している男性客が後を絶たないのです。

チャットレディがお客さんとの間でやってはいけないこと

ここからは、男性客に対して送ってはいけないメールや、いってはいけないチャットなどをご紹介していきたいと思います。

気軽な気持ちでやってしまうと、危険な目にあうこともあるので、初心者でもベテランでもやめておきましょう。

実際にリアルで会ってしまうこと

チャットレディがライブチャットというバーチャルな世界ではなく、物理的な世界で実際にあってしまったことがあるなどという話を見聞きしますが、なるべくやめておいた方がいいと思います。

チャットの世界では物理的に触れることはできないので、安全にお仕事出来ますが、実際の世界で男性客と会ってしまったら、何をされるかわかりませんよね。ましてやどういう素性の持ち主なのかもわかりませんし。

ライブチャットをしていると、いろいろな日常会話などや趣味の話などが弾んで、とても仲良くなってしまいやすいですが、実際に会うのはやめておいたほうがいいでしょう。

ライン交換などはしてはいけない

ライン交換をして、そこでやりとりをするのは正直男性ユーザーの思うつぼだと思います。男性側からしたら報酬を払わなくてもいいですし、ただで女性とやりとりをできるので、女性側からしたらメリットはなにひとつありません。

男性客にしつこく連絡先を聞かれて、面倒だからといって適当なメールを返したりしても、リピーターを失ってしまうだけなので、規約にあるからとかなんとかいってかわしましょう。

会える前提で引き延ばさないこと

アドレス交換などはもちろんしてはいけませんが、こうやって男性客をまどわして、あたかもそのうち私と出会えるかのような、思わせぶりな態度はやめておいた方がおすすめです。

こういったテクニックを使えば、できる限りリピートしてくれて、たくさん稼げるかもしれませんが、会えないとわかった男性の気持ちを考えると後味が悪くなるといえるでしょう。

最近の話では、コロナで自粛ムードが漂っているので、今は会えないけど、そのうち会おうねと引き延ばしているテクニックを使っているチャットレディがいました。

こういううまいことをいって引き延ばしてはいるものの、こういうことをいっている女性というのは最初から会う気なんて毛頭ないので、社会通念上どうかと思います。

男性も女性に恋しているのかもしれませんので、会えないなら会えないとはっきりいいましょう。金稼ぎのためだけに男性心理をもてあそぶのはいけないと思います。

直接アドレスを聞いてくる男性ユーザーの対処法

直接的なラインとかスマホのキャリアメールアドレスなどを聞いてくる男性客はどうやってことわったらいいのでしょうか。以下に紹介していますので、是非参考にしてみてください。

私が今までチャットレディとして活動してくる中で、直アドなどを聞いてくる客に対して、うまく回避する方法はないかと思案した結果編み出したテクニックを紹介しています。

チャットレディのスタッフに何か言われるからという

出会いの場でもないチャトレサイトの女性に連絡先を聞いてくる不届き者の男性には、チャットレディ営業所のスタッフに怒られるといっておけばOKです!

チャットレディに誘いのメールを送ってくる男性ユーザーはもともとお金をかけずにケチって出会いたいタイプなので、ポイントのかかるメールは、一回断られるとあまり送ってこなくなります。

規約違反で禁止されてるからといういいわけ

どこのライブチャットも男性客との連絡先の交換や、直接的なやりとりは規約違反なので、これを言い訳にすれば連絡先をしつこく聞いてくる男性にも断りやすいと思います。

外部からの圧力で断ってる感を出す!

上記で紹介したような、直アドを聞いてくる男性客の断り方というのは、代理店やライブチャットそのものに禁止されているといういいわけをつくることができます。

女性自身から自分から教えたくない!と言っているわけではなく、チャットサイトのせいにしたり、代理店などの第三者機関のせいにすることにより、すんなり断りやすいです。

仲良くなっても連絡先は交換しないのが原則!

ライブチャットには勘違いして女性と出会えるものだと思って登録している男性客が少なくありませ念。そういった男性客からのアドレスの要望には応えないようにしましょう。

チャットレディをやっている女性も、はじめてテレビ電話なりメールなりチャットなりをしてくる男性には教えないかもしれませんが、なんどもリピートしてくれているリピーターには教えてしまう可能性もありますよね。

ですが、チャットレディとしてライブチャットにログインしているわけじゃない状態で、男性ユーザーといくらやりとりを重ねたからと言って、誰かが報酬を支払ってくれるわけではありません。

チャットレディをやっている人がたまに男性客と会ったりしているという話を聞きますが、とても危険な行為だと思います。チャットレディの最大のメリットはバーチャル空間で触れることができない点だと思います。

どんな意図をもって近づいてくる男性がいるのかわかりません。

直接アドレスやラインIDなどを交換して、実際にあってしまったとして、名前や住所や家族構成などの個人情報を知られてしまったら、弱みを握られたことになるのです。

チャットレディというのは、そういったプライベートな情報が守られていて、安心して副業や本業にできるからこそ人気がある職業だと言うことを忘れないようにしましょう。

また他にもデメリットとして、一人のそういった軽率な行為が、他のチャットレディ全体にも及んでしまうと言うことがあります。

なぜほかのチャットレディに迷惑が及ぶのかと言えば、一人が連絡先などを交換したり、実際にあったりしてしまうと、それが普通だと思ってしまうお客さんが増えてしまうからです。

こういったチャットレディが一人いることにより、仕事が全体的にやりにくくなってしまうのです。

チャットレディをやるときは規約をしっかり守って、楽しく稼げるチャットレディ生活を送りましょう♪

しつこいお客さんはブロックする!

連絡先を何度もしつこく聞いてくる男性はブロック機能を使いましょう!

チャットレディにお金を払って、ポイントを消費してくれるお客さんなら百歩譲ってまだわかりますが、いきなり連絡先を教えろと何度も行ってくる男性客はブロックするに限ります。

もしチャットレディが直接アドレスやラインIDなどを教えてしまえば、男性客はここぞとばかりに、チャットサイトを使わずに、あなたに直接メールを送ってくることでしょう。

チャトレの女性の連絡先を手に入れた男性にはメリットしかありませんが、教えてしまった女性からしたら、チャットサイト外で連絡を取り合っても意味がありません。

チャットサイト外でいくら男性客とやりとりをしても、チャットサイトからお金が支払われるわけではありませんので全くもってもったいないです。

チャトレをやっている女性がライブチャットのお客さんである男性客と直截なプライベートな連絡先を交換するというのは、まったくもってデメリットしかありません。

ライブチャットにいる男性ユーザーというのはたくさんいるので、一人や二人ブロックしたところで、稼げなくなるわけではありません。いくらでも自分の波長を好きになって、テレビ電話なり音声通話なりメールなりをしてくれる男性客には巡り会えます。

チャットレディに出会いを求めてライブチャットに登録して、いろいろなチャットレディに連絡先を聞いている男性客を相手にしている理由なんてそもそもないんです!自分のことを気に入ってくれて、何時間でもチャットしてくれるようなお客さんとの時間を大切にすべきなのです!

↑ PAGE TOP